心理学を生かしたコミュニケーション研修講師 司会者の育成・派遣のFaith〜フェイス〜

スピーチ話し方トレーニング・ビジネスボイストレーニング・アンガー
マネジメント・婚活支援セミナー・ビジネスマナー研修・司会のご依頼は Faith~フェイス~にお任せください

ブログ

page

bg_cont_top

自分軸ににつながる!深い想いにアクセスするには?初めてのこえのブログ(2019年08月02日)

はじめてのこえのブログに挑戦してみました!

3分しか収録時間ないんだ!!

ちょっと最後きれちゃったけど

サクッとアップできて楽しいのでハマりそう〜

よかったら

お聞きください

 

 

 

こんにちは山田響子です

初めてのこえのブログに挑戦しています

昨日あった出来事をちょっとおしゃべりしたいなと思って
声のブログに初挑戦してみました

昨日
子供作文教室の先生として、とあるイベントをお手伝いしたんです

そのイベントは健康診断をお母さんが受けている間に
子供たちは宿題を片付けることができるという
イベントだったんですね
どうしてもママって自分のことを後回しにしがちなので
とっても素敵なイベントだなぁ〜と思ってお手伝いすることにしました

さて子供作文教室お手伝いをして感じたことがあったんです

どうですか作文?
苦手だなっ〜て思う子さん多いみたいですね
いや、今大人の私たちも嫌いだった〜!
そんな方も多いんじゃないでしょうか

 

 

綺麗でした!面白かったです!
・・・終わり・・・

そんな感想!?もっとなんかないの!?みたいな・・・
ことを思っちゃうんですけれ

まぁ実際自分が素敵な感想を書けるのか?原稿用紙3枚!!
とか言われると
厳しいよ〜みたいな


昨日の作文教室では色々と質問をしながら子供の感情を引き出していくんですね

「感情にグラデーションを付ける」と言ったりするんですけど

その感情はどの時の感情に似てる?とか
どの時の感情より大きいと?言って
何かを思い出させることで、感情に幅を持たせて行くんです

そして
子供が感情を言葉にするお手伝いをして行く過程で
その顔を見ながら気がついたことがあったんです!

子供って質問されて、答えるときに

 

 

しゃべるんですよね
必ず

黙って考えたことを書いてくれたら、

同時期にたくさんの生徒さん見てる時は、聞くことに時間がかかるから大変だったんですけど

でも
子供って「思ったことを言葉にしながら。その思いに向き合って
想いを深めているんだ」っていうことに気がついたんです


これ実は子供だけでなくて
私たち大人もそうなんですよ

影響力アップ塾の塾生さんたちに一定の成果が出ているのは
私が質問する
その質問に向き合って
自分の中から答えを引き出す
その答えを私に言葉で伝えているので、その言葉を自分の耳でも聞く
ということで
普段はアクセスしない
深いところにアクセスをして
自分の軸となる思いを引き出すことが出来てるんだなーって
思ったんです

「言葉でしゃべることで色んな情報引き出すことができる」

それが私の気づきでした
 

 

bg_cont_bottom
PAGE TOP
Copyright 2015 Faith All Rights Reserved.